石を付けたい

もちろん、結婚指輪の場合でも石を付けることができます。石付きの指輪を選ぶ場合、爪で石を留めているものとリングの中に埋め込んでいるものとがあります。お好みで選んで良いのですが、二つを比較した場合爪で留めるタイプの方が使いにくい傾向があるようです。その理由は、爪があるとセーターやストッキング、髪の毛に引っかかりやすいことが挙げられます。また、石が外れやすいといったデメリットもあります。その点、石をリングに埋め込んでいればこういったリスクを下げることができます。

また、石が付いた結婚指輪を希望している方の中には、デザインなど見た目的なことだけでなく、石が持つ意味を込めたいと考えている方もいらっしゃるのではないかと思います。その場合は、リングの内側にお好きな石を埋め込むこともできます。誕生石を選ぶこともできますから、よりオリジナリティのある結婚指輪を用意することができるでしょう。

リングの内側に埋め込めば、家事や仕事をしていても石が外れにくいといったメリットもありこちらもお勧めです。さりげない可愛らしさやメッセージ性もあって素敵です。このように、結婚指輪に石を入れる方法は色々ありますので、良いと思う方法で選んでみてください。

似合う指輪

アクセサリーの場合、「好きなもの」と「似合うもの」に違いがある場合もあります。肌の色によっても似合う素材が異なります。例えば、健康的な肌色の方はゴールドの方が似合う傾向があります。反対に、色白の方でしたら、プラチナであったりホワイトゴールド等の方が似合う傾向があります。もし、健康的な肌の方と色白の方のカップルだった場合、どちらかに合わせて選ぶのも良いですが、それぞれデザインを統一しつつ素材を変えることもできます。

また、指が細い方とあまり細くない方がいるかと思いますが、指のタイプによっても似合うデザインが変わってきます。指が細い方は、指輪もゴテゴテしたものよりも細めのもの方が似合います。フラットのものも良いですが、それ以外も指を更に綺麗に見せてくれます。指があまり細くない方は、細い指輪も良いですが、存在感のある指輪の方が似合う傾向にあります。

参照資料~デザイン豊富な結婚指輪【ガラ OKACHIMACHI】

ストレート、V字、S字など色々なデザインがあります。自然な感じにしたいなら、男性も女性も幅は3ミリ以下にするのが良いでしょう。はっきりと存在感がある指輪を希望している方は、4ミリ以上のものがお勧め。但し、着け心地もチェックしてから選ぶようにしましょう。